お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ボルドーワインスクールは今年30周年を迎えました!

ボルドーワインスクールは今年30周年を迎えました!

press_0531-logo_catch

 

ボルドーワインスクールは、ボルドー市の中心地にあり、世界中に拠点を持つスクールで、30年にわたり、アマチュアやプロフェッショナル、専門家に関わらず、ぶどうとワインについて学びたい人々を受け入れてきました。同スクールは1989年にボルドーワイン委員会(CIVB)が開校し、ボルドーワインに関する知見と奥深さを多くの方々に広めています。ボルドーのぶどう畑に関する知識やノウハウを共有したいという意欲と情熱を持つワイン生産者、ワイン醸造家、ワイン醸造の研究者やソムリエらによって、この30年間様々なコースやワークショップ、トレーニングが行われてきました。

 

ボルドーワインスクールは先駆的な取り組みを通じて発展を遂げ、ユニークな教育機関として知られています。同スクールは現在21か国で展開され、250名以上のボルドーワインチューターが活動しています。毎年85,000人以上が、ワークショップやコースを通じてベーシックからプロフェッショナルまで様々なレベルのトレーニングを受けています。楽しくカジュアルなコース(チョコレートとボルドーワインのワークショップ、料理とワインのペアリング)などは、常に受講者の経験やレベルに沿って行われます。

 

沿革・主な取り組み
■1989年にボルドーワイン委員会(CIVB)がボルドーにスクールを設立
■現在は21か国で展開
■250名以上のボルドーワインチューター
■2018年には世界中で85,000人以上がトレーニングを受け、そのうち45%はすでにプロフェッショナル、またはプロフェッショナルを目指す方々
■140を超える対面もしくはオンラインのコース
■プロフェッショナル向け無料オンライン学習アプリ:OenoBordeaux(ウノボルドー)(ユーザー数:25,000名)
ボルドーワインスクールウェブサイト: www.ecoleduvindebordeaux.com

 

press_0531-01

 
 

ボルドーワインスクール国際会議

 

ボルドーワインスクールは、5月11日・12日に、ボルドーワインチューター向けの第2回国際会議を開催しました。司会を務めたのは、ワインとぶどうのコンサルタント、ステファン・ドレノンクール(Stéphane Derenoncourt)です。
チューター170名が各国(オランダ、カナダ、米国、アラブ首長国連邦、ロシア、ブラジル、中国、日本、マレーシア、台湾、フランスなど)からボルドーを訪れ、2日間にわたり数多くの活動に参加し、ボルドーワインに関するトレーニング方法についてお互いに意見交換しました。
初日は会議の後、少人数グループでのワークショップで教育手法などを学びました。翌日は、ヴィンテージ車のシトロエン「2CV」30台近くでぶどう畑を巡り、生物力学、アッサンブラージュ、テロワールに関するワークショップを行う3つのシャトーを訪れました。

 

press_0531-04
press_0531-06
press_0531-05

 
 

ボルドーワインスクールが刷新

 

30周年を記念し、ボルドーワインスクールの施設は大々的な改修がなされ、2019年春に新たなテイスティングとトレーニングのための施設を公開しました。
新たな施設には、2つのテイスティングルームが設けられました。1つ目の『リヴ ゴーシュ(Rive Gauche)』には大きなテイスティングテーブルがあり、2つ目の『リヴ ドロワット(Rive Droite)』はより大きく、フランスの有名なワイン醸造の研究者に敬意を表し、『デニ ドゥブルデュー(Denis Dubourdieu)』と名付けられたワインセラーを備え、心地よい空間となっています。
新しい施設にはビデオ設備があり、オンライントレーニングや、ワイン愛好家の皆さまに向けたコースを世界へ発信しています。

 
press_0531-07

 
 

新しいウェブサイト
ecoleduvindebordeaux.com

 

ボルドーワインスクールは、新しいウェブサイトを通じて、世界中のコースのオンライン販売を促進します。(ウェブサイトは現在準備中、晩夏に公開予定)パリ、東京、ロンドン、ブリュッセル、サンフランシスコ、あるいはボルドーにいたとしても、フランスや海外で行われるトレーニングのオンラインカタログを活用することで、ネット上で最寄りのボルドーワインワークショップを見つけて予約できるようになります。

経験(個人として、あるいはプロフェッショナルとして)やレベル(初心者~資格保持者)、受けたいテーマ(料理とワインのペアリング、テイスティングのキーポイント、ぶどうの種類など)に応じて、オンライン検索を活用して関心に沿ったワークショップを見つけることができます。

わかりやすく実用的な同ウェブサイトは、ボルドーワインチューターの顔写真を掲載し、各自の体験を共有し、評価しあうことも可能にします。

press_0531-08

 
 

プロフェッショナル向けオンライン学習アプリ
「ŒNOBORDEAUX(ウノボルドー)」

 

2017年ボルドーワインスクールは、従来の対面式トレーニングコースに加え、新しいツールによってトレーニングの境界/限界を広げました。ŒNOBORDEAUX(ウノボルドー)は、ワイン業界の販売・小売のプロフェッショナルはもちろん、ワイン生産者やワイン商にとって、顧客との関係構築において活用できるアプリです。
この革新的なアプリは5つの言語に対応しており、顧客を喜ばせたい、売上を伸ばしたい、知見を深めたい、新しい技能を磨きたいと考えるプロフェッショナルに、新しい専門的なトレーニングを提供します。

 

指一本でワインの専門知識を
■オンライン・スマートフォンに対応。フレキシブル、流動的で効率的な学習
■日々役立つ豊富な情報
 
革新的でコミュニティーを醸成するツール
■テーマごとの新しいコース
■自分のスキルをチェックできるクイズやゲーム
■世界のワイン業界のトレンド、イノベーション、イベントに関するニュースフィード
 
ユーザーの経歴と知識に沿ったカタログにより、カスタマイズされるコンテンツとトレーニングセッションを提供

press_0531-09

 
 
 
 
 
 

世界中に広がるチューターコミュニティー

 

press_0531-10

 

ボルドーワインチューターは、ワイン生産者、ワイン醸造家、ソムリエ、ケータリング、料理のプロフェッショナル、さらに“マスター・オブ・ワイン”も加わるコミュニティーとなっています。
 
チューターは、プロフェッショナルとしての豊富で確かな経験を持つワイン愛好家たちです。各国のチューターの経歴や知見の多様性は、同スクールの教育手法に活用されています。
 
同スクールのチューター250名は、世界に広がる強くて有名なネットワークを構築しており、プロフェッショナルと消費者の双方の模範としてのコミュニティーを形成しています。
 
さらに、27の提携校(ケータリング、ホスピタリティー、ソムリエ、一般分野)や各国のリーダーたちが、同スクールのチューターとともに、ボルドーワインに関する専門的なトレーニングプログラムを企画・実施しています。
 
 

ボルドーワインスクールの チューターになるには?
●各国の状況に応じて、プロフェッショナルや一般の方々から、トレーニングを実施するチューターをスクールが選出します。
●必要な免許状(WSET、DUADあるいは認定ワイン醸造免許状)に加え、ボルドーワインの多様性や手軽さという価値を広めたいという強い情熱や、ボルドーワインのアンバサダー的な役割に対するモチベーションに基づき、選考を実施します。
●優れた候補者はボルドーでトレーニングを受け、テストに合格すると『ボルドーワインチューター』に認定されます。その後は、スクールの教育ツール全てを利用できるようになります。
●認定資格は4年間有効であり、その間ボルドーワインに特化したトレーニングコースを設ける責任があります。4年後には、認定更新のためボルドーに招聘されます。

 
 

ボルドーワインチューターからのコメント

 

press_0531-11

安田 まり
ボルドーワインチューター 2010〜

 
ボルドーワインに関する教育に情熱を注ぐ理由は?
スクールの生徒たちはボルドーワインに大変興味を持っていて、多くの質問をもらいます。知りたいことがわかった時、皆「なるほど!」と喜んでくれます。 生徒たちのこのような気づき・発見をサポートすることが、教育者としての私のやる気と情熱の糧となっています。
 
ボルドーワインの魅力とは?
多様性。ボルドーワインはドライホワイト、ロゼ、フルボディの赤、そして甘口など多岐にわたります。 ボルドーワインの探求に飽きることはありません。

 

 

press_0531-12
松木 リエ
ボルドーワインチューター 2017〜

 
ボルドーワインに関する教育に情熱を注ぐ理由は?
一年間のワイン消費量が3.4リットルしかない日本で、若い世代にも気軽に楽しんでいただきたい、より食生活を豊かにしてほしいという思いが叶うのは正しい教育をすることだと思います。教育は、すぐに目に見える結果は出ないですが、重要です。いづれ、ボルドーはワイン教育分野でも最先端を行くように、世界の講師がサポートしていかなくてはなりません。
 
ボルドーワインの魅力とは?
ワインの国・フランスで、圧倒的なAOP生産量があり、これは消費者にとって何よりも心強い保証です。安心、安全。未来に目を向けたサスティナブルの精神がどこよりも浸透している地域。

 

 

press_0531-13
堀口 瑞予
ボルドーワインチューター 2017〜

 
ボルドーワインに関する教育に情熱を注ぐ理由は?
ボルドーワインに関する教育は、私のライフワークであり、私自身がよりワインを理解するための使命であると考えています。ワインを知ることは本当に楽しいです!このワインを学ぶ喜びや楽しさを生徒たちに知ってもらうため、日本でワイン文化を根付かせるために、日々チューターとしての活動に取り組んでいます。
 
ボルドーワインの魅力とは?
おいしさはもちろん、世界のワイン市場のリーダーであり、常に挑戦者であり続けること(ワイン作り、品質の維持、組織運営など)。ボルドーには、伝統的な手法を守りつつ、新しい手法も取り入れてみる姿勢があります。ボルドーは私がワインの世界に足を踏み入れたきっかけの地であり、ボルドーからワイン全般についてたくさんのことを学ぶことができました。

 

 

お問い合わせ先
ボルドーワイン委員会 www.bordeaux-wines.jp
運営:Sopexa Japon 担当:恩田 
pr_jp@sopexa.com TEL:03-5789-0083
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-12-8-3F