お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ボルドー赤がいまクールで新しいわけ

ボルドー赤がいまクールで新しいわけ

いま、世界の最先端を行く、もっとも新しい赤ワインのひとつがボルドーなんです。
こんなふうに聞くと、もしかすると、ハテと思われるかもしませんね。
「クラシック」、「渋くて重くて飲みにくい」、「高級」……こんなふうにボルドー赤のことを感じていませんか? ボルドー赤は今日まで何百年にわたって世界最高のワインあり続けていますが、それがこうした「とっつきにくい」イメージを生んできた面はあります。しかし、そんな時代は過ぎ去りました。

 

今日のボルドーでは、若い世代の造り手たちが、こうしたイメージを根底から覆すような斬新で新しい赤ワインを、続々と産み出しているんです。では、ワイン世界のフロントラインを疾走する、クールで新しいボルドー赤とは、いったいどんなワインなんでしょうか?!

 

太古の昔から、ボルドー赤はつねにモードの最先端でした。なぜかって?
世界の頂点に君臨し続けてきたこのワイン産地は、単に品質の高いワインを産するだけでなく、時代時代の流行や要請に応じて、常にフレキシブルにその姿を変化させてきたからです。
コアの部分、すなわち比類なきクオリティこそ岩のごとく動きませんが、モードにフィットしていく現代的な感覚こそが、ボルドーワインを世界の王者たらしめてきた真の秘密だと言ってもよいでしょう。

 

今日また、ボルドー赤がいっそうの進化を果たしてトレンドの先端に躍り出たのは、次のような時代背景に、ぴたりと我が身を合わせてみせたからです。

 

まず、食生活のライト化。フランス本国はもとより、世界中で人々は重たい食事を取らなくなりました。だったら、合わせて楽しむワインだって、そのスタイルを変えねばなりません。

 

次に、一部のボルドー産超高級銘柄の価格高騰。大人気、おおいにけっこうなのですが、市場原理に応じてお値段がずいぶん高くなってしまいました。だから、普段から楽しめるコスパ最強のレンジが、いっそう人々に近づき、手にとってもらいやすい姿に衣替えする必要があったのです。

 

そして、ワイン情報が伝播するチャネルの変化。一昔前までは、「権威」としてあがめられるワインの専門家が下す銘柄評価が、神の託宣のように紙に刷られ、愛好家たちを動かしていました。しかし、いまではボーンデジタルの世代が消費を牽引するようになり、SNSを通じた情報拡散によって注目ワインの情報が伝わっていく時代に。
かくして、ひとにぎりの高級エリート銘柄を、富裕層が飲むのがカッコいい時代が終わり、よりクールなワインが人気を博するようになったのです。

 

最後に、世界がより環境に目を向け、持続可能な開発を目指すようになったことも、重要な時代背景でしょう。

 

では、新しいボルドー赤とは、いったいどんなワインなのでしょうか?!
 
 

1. 味わいが新しい
「重い、渋い、飲み頃まで何年も待たないといけない」から、「フルーティでしなやか、若いうちからすぐ楽しめる」という、今の消費者が求める味わいへと、ボルドー赤はガラリと変わりました。そういう味わいになるよう、造り方を進化させたんです。そんな根本的とも言える大変化を飲み込んでも、品質の高さがピクリとも動かないところが、ボルドーという産地が偉大と言われ続けてきた理由のひとつでしょう。
新しいボルドー赤のイメージ1

 

2.若い感性に訴えかけるボトル
ラベルのデザインがモダンになり、瓶の形もラベルや中身のスタイルにあわせたものが採用されるようになりました。一言でいうと、「映え」るようになったのです。また、飲み手が味わいをイメージしやすいよう、ぶどう品種名を目立つように記したラベルも増えました。
新しいボルドー赤のイメージ

 

3.環境にやさしい
あまり知られていませんが、ボルドーはいまやフランスでもっとも環境にやさしいぶどう栽培が行われている産地のひとつです。地方全体のぶどう畑の65%が、なんらかの環境認証を得ています。ワイン醸造も、先端技術の粋を集めつつ、人為的な介入を抑えた自然なものへと回帰していて、亜硫酸(酸化防止剤)を一切添加していない自然派ワインや、動物性素材を醸造工程で一切使用しないヴィーガンワインも増えてきました。
モダン・ボルドーは、持続可能なワインなんです。

環境にやさしいイメージ

 

4.新しい品種が登場
ボルドーの赤といえば、
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、
カベルネ・フランという3つのぶどう品種が有名ですが、最近では「オルタナ系」も増えています。
すなわち、プティ・ヴェルド、カルメネール、マルベックの3者。いまだ比率としては小さいですが、過去20年で栽培面積が倍増しました。
いずれもボルドーの古い品種ですが、地球温暖化が進む中でふたたび脚光を浴びるようになったのです。これらの品種を100%使った赤もあります。
新しいボルドーの赤のイメージ3

 

5.テロワール表現の重視
スタイルの変化と高品質化を同時に進めることができたのは、ワインのおおもとであるぶどう畑、専門用語で言うところの「テロワール」を、さらに重視するようになったからです。造り手たちは、自らの畑の土壌を綿密に調査し、その結果に応じて実に細かく区画分けを行うようになりました。その上で、区画ごとに個別に管理を行い、最適な栽培法、醸造法、熟成法を取り入れているのです。
ボルドーワインの生産地のイメージ画像

 

6.熟成容器の多様化
現代の飲み手が好む味わいになるよう、ワイン造りが変化したことは先にも述べました。
さまざまな側面で革新が図られているのですが、そのひとつが熟成容器の多様化です。
ボルドー赤といえば、伝統的にオーク小樽、それも新しい樽を使うのが決まりのようだったのですが、今日その選択肢は多彩そのもの。コンクリート、素焼き粘土の容器や、オーク樽でも容量の大きいものが、活用されるようになってるんです。
それがスタイルの多様性にもつながっています。

ボルドーワインの熟成容器の多様化

 
 
 

新しいボルドー赤を知らなかったアナタ、飲みたくなったでしょう?
百聞は一飲にしかず、まずは試してみて、
新たな息吹に満ちた最先端を体験してみてください!!

 
 

ボルドーワイン委員会日本公式サイト、Twitter、Facebookページ、Instagram、Youtubeでは、ボルドー現地からの情報やレシピを更新しています。是非ご覧ください!
 

  • ボルドーワイン委員会公式Twitter:https://twitter.com/BordeauxWinesjp
  • ボルドーワイン委員会公式Facebook:https://www.facebook.com/Bordeauxwinejapan/
  • ボルドーワイン委員会公式Instagramアカウント:【bordeauxwinesjp
  •