お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ついに決定!「バリューボルドー 2018」

ついに決定!「バリューボルドー 2018」

今年のバリューボルドーはひと味違う!
もっと楽しく、もっとおいしく! ワクワクが止まらない!

誰もが「バリュー」を感じる、アプローチしやすくておいしい、ボルドー生まれのワイン。赤も白もロゼも、スパークリングや甘口ワインまで、さまざまなタイプが揃うのが魅力です。そんな中から、日本のトップテイスターがセレクトした2018年のベスト100が「バリューボルドー2018」。今年の2月に行われたその選考会のバックステージに潜入、ワクワクするようなテイスティングの模様をお伝えします。

 
 

フレッシュな顔ぶれのトップテイスター5名が集結!

「バリューボルドー 2018」のテーマは「ワクワクするようなボルドーワイン」! その選定を任されたのは、日本のワインシーンをリードする5名の若きテイスター。ワイン界のみならずさまざまなフィールドで活躍する、まさに今年のバリューボルドーの選考委員にふさわしい皆さんが集まった。中には20代のソムリエさんもいて、これまでにないフレッシュな顔ぶれ。
《選考委員の皆さん》
井黒 卓(いぐろ・たく)さん/「ロオジエ」ソムリエ
岩田 渉(いわた・わたる)さん/「カーヴ ド ケイ」ソムリエ
大越 基裕(おおこし・もとひろ)さん/ワインテイスター
紫高 あき(しだか・あき)さん/「アカデミー・デュ・ヴァン」ワインエデュケイター 
松木 リエ(まつき・りえ)さん/フリーランス ソムリエ・ワインエデュケイター 

 
 

まるで1000本ノック⁉
プロだからこなせるブラインドテイスティング

 

decided_valuebordaux2018_img01

 

エントリーされた464本のワインをすべて試飲し、香りや味わい、そして”飲んでワクワクするかどうか”を基準に点数をつけていきます。ブラインドテイスティング、つまりボトルに黒い布で目隠しをして先入観ゼロで試飲するため、バリューボルドーとして本当にふさわしいものが選ばれるというわけです。それにしてもズラリ並んだ膨大な量のボトルたち! サービスや教育の現場やコンセプトメイキングなど、ワインシーンの第一線で活躍するプロ中のプロだからできる技だといえます。

 
 
 

「ワクワクするバリューボルドー」、その魅力とは?

 

decided_valuebordaux2018_img02

 

テイスターの皆さんに、バリューボルドーの魅力とその楽しみ方を伺いました!

 

「これからワインを知りたいという方にこそ飲んでいただきたいのが、ボルドーワイン。高級な赤ワインのイメージがあるかもしれませんが、偉大なワイン産地だからこそ、軽やかな赤やしっかりした白、スパークリングやロゼなど、味わいも価格もとても幅が広いんです。おすすめしたいのはクレレという、クリアな薄い赤色のワイン。ロゼに似ていますが、果皮との接触時間を長くしてより濃い色と風味を出した、ルックスも美しいワインです。軽めの赤ワインとして飲むととても楽しく感じられると思います」(井黒さん)

 

「ボルドーワインは、飲みやすいものが多いんです。香りがとても豊かで、フルーティさがパーンと前面に出たフレンドリーなワインが増えていて、もうそれだけでワクワクしてくるはず。生産者の努力のおかげでバリューボルドーの品質はどんどん上がっていて、安心かつ気軽に飲むことができます。皆さんが大好きな鶏の唐揚げやフライドポテトに合わせるのもよし。カジュアルに、音楽に例えていうならJポップを楽しむ感覚でワインを楽しんでください」(岩田さん)

 

「ボルドーワインは重い、と思っている人にぜひ、バリューボルドーを飲んでほしい。いくつかの品種をブレンドすることで生まれる軽やかさ、樽を効かせ方がきれいだからこそ出てくるドライなニュアンス。和食がグローバルで注目されているように、料理のトレンドもどんどんライトになっています。軽やかさの中にしっかりした味わいを表現できるボリューボルドーは、まさにこれからの食とワインのトレンドといえますね」(大越さん)

 

とりわけ注目したいのは白ワイン。クリスピーで、ジューシーで、お食事にも合わせやすいものに多く出会えました。ソーヴィニヨン・ブランというぶどうのファンの方は多いと思うのですが、ボルドー大学で研究された、白ワインを造る重要な品種であることは知られていないかもしれません。ボルドーはソーヴィニヨン・ブランのまさに本家本元なんです。辛口派の方にも気に入ってもらえる白ワインが、きっと見つかりますよ」(紫貴さん)

 

「ボルドーワインは自由でいいと思うんです。フランスで働いていたとき、あちらの方たちはワインをさまざまなスタイルで楽しんでいました。例えばこれからの季節、白ワインに炭酸を入れて、ちょっとレモンを絞るスプリッツァーなんていいですね。バリューボルドーなら、そういうアレンジもOK。とにかく気軽に飲めるので、飲み会もお食事も、”とりあえずボルドー!”で始めてみてはどうでしょう? ビールの代わりに(笑)」(松木さん)

 
 
 

「バリューボルドー2018」のラインナップを
さっそくチェック

 

decided_valuebordaux2018_img03

 

100 本をセレクトするための試飲は真剣そのもの。
”ワクワクするようなボルドーを見つけよう”!
という期待と熱意にあふれていた現場。
そして合間には
「ジャニーズでは誰が好き?」
「私よくわからないのよね〜 キムタクならわかる」
といった雑談も飛び交い、テイスターの皆さん自身が心から楽しんでいたバリューボルドー2018の選定。

こんな素敵なメンバーが選んだ100本、ワクワクしないわけがありません!
「バリューボルドー 2018」が今年、皆さんのワインライフをエキサイティングに彩ります。
充実のラインナップはここからチェック:
https://www.bordeaux-wines.jp/value-bordeaux/2018/list/

 
 
 

期間限定オープン!
バリューボルドー2018が楽しめるPOP-UP BAR

 

decided_valuebordaux2018_img04

 

そして、なんと4月20日(金)~22日(日)の3日間、バリューボルドー2018に選ばれたボルドーワインをオトクに楽しめるPOP-UP BAR『MY BORDEAUX PARTY』が期間限定でオープン!
詳しくは:https://www.bordeaux-wines.jp/magazine/mybordeauxparty2018