お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

クリスマスに合わせたい料理とワインペアリング

クリスマスに合わせたい料理とワインペアリング

クリスマスが近づいてきました!クリスマスパーティ、忘年会などこの時期はお酒を飲む機会が多いのではないでしょうか。とりあえずビール!もいいですが、この時期だからこそ、ちょっとお洒落にボルドーワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、食事とワインの合わせ方を紹介します。もちろん紹介したもの以外にも料理とワインの組み合わせはたくさんあります。そしてボルドーワインもクレマン(スパークリングワイン)から貴腐ワイン(デザートワイン)まで幅広く取り揃えています。

お酒を飲む機会が多いこの時期だからこそ、いろいろと試して自分だけのペアリングを探してみてください。

 

前菜

サラダ、カルパッチョのようなあっさりしていて、酸味があるような前菜は、味覚を合わせて、クレマンやさわやかな白ワインと合わせるのがおすすめです。

ローストビーフ、トマト煮込みのような、味がしっかりしている前菜は、軽快な赤ワインとの相性がいいです。

 

お刺身

お刺身には白ワインと自動的に合わせていませんか。実は、お刺身の色とワインを合わせるのがおすすめです。例えば、白身魚、光り物にはクレマンやさわやかな白ワイン、マグロなどの赤身は軽快な赤ワインに合わせてみては。

 

煮込み料理

赤ワイン煮や白ワイン煮は、煮込んだワインによって赤、白を合わせることができます。もちろん和食の煮物もワインに合いますよ。和食の煮物には白ワインも合いますが、しょうゆの味付けは軽快な赤ワインとの相性がばっちりなので、ぜひお試しください。

 

揚げ物

クリスマスは揚げ物を食べる機会多いですよね。鶏のから揚げ、ポテトフライなど、揚げ物はワイン合わせには万能で、コクのある白ワイン、軽快な赤ワイン、重厚な赤ワインとも合います。またクレマン、ロゼワインまでお好みのワインに合わせることができます。

 

焼き物

お肉、お魚、グリル、ソテー、ロースト、ムニエルなど焼き物は幅広い調理法、料理があります。どのワインに合わせようと迷った時はソースの色とワインを合わせるのがおすすめです。クリームなどの白い色のソースは、白ワインを、トマトやブラウンソース、しょうゆなど赤~茶色をベースにしたソースは赤ワインと合わせてはいかがでしょうか。ソースの色に濃さによって、軽快な赤ワイン、重厚な赤ワインを選びわけてみてください。

 

デザート

デザートに合わせるのはもちろん甘口の貴腐ワインです。チョコレート、キャラメル、フルーツ、バニラ、ココナッツなどは甘口の白ワインがよく合います。

 

 

ぜひこちらのバリューボルドー2016から気になる一本を探してみてくださいね。

https://www.bordeaux-wines.jp/value-bordeaux/2016/list/

 

おすすめのバリューボルドー

左から

No.36 プライベ-ト リザ-ブ ボルド- ブラン ドメ-ヌ バロン ド ロ-トシルト

No.44 キュヴェ・クレマンス ブラン

No.69 クレマン・ド・ボルドー・コンテス・ドゥ・サン・ペイ

No.88 クラレンドル・ロゼ

No.28 メルロー バイ・テュヌヴァン

No.57 シャトー ベレール・クーベ

No.76 シャトー ラグランジュ カディヤック スウィート

 

Christmas Selection