お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ボルドーの2018年ヴィンテージ

ボルドーの2018年ヴィンテージ

ときには異常とも言える気象条件により、2018年ボルドーのワイン生産者は息つく暇もなかった。「ぶどう畑の手入れに注がれたすべてのエネルギーが、この新しいヴィンテージの特徴として表れた。」とボルドーワイン委員会会長のアラン・シシェルは語る。

 

幸いなことに、7月中旬から9月下旬にかけては特にぶどうの成熟にとって好ましい天候であり、ぶどう畑は完璧な状態を保った。2017年の春には記録的な霜により収穫量は約39%減少したが、ボルドーワインの生産量は10年間の平均近くまで戻ると予想されている。

 

しかしながら、今年2018年の収穫量は以下2つの特徴的な事象の影響を受けるだろう:
・1万ヘクタールのぶどう畑を襲った数回の雹(4月と7月)
・ウドンコ病の影響。今年は特にボルドーやフランスの多くのワイン産地で猛威を振るった。

 

bordeaux_vintage_02

 
 

理想的な夏で一掃、複雑な年を振り返る

今年は気象条件や土壌に含まれる水分が多かったことにより、ボルドーの生産者にとって、ぶどう畑での作業は手作業・機械作業問わず、非常に困難だった。
比較的穏やかな冬の後、3月は非常に多雨。雨量は74%増の計113mm。

 

一方、5月は降水不足(平年の-40%)。この月は特に雹混じりの嵐が2回あり、多くの畑で壊滅的な被害があった(5月21日と26日)。
7,100ヘクタール近くのぶどう畑が被害に
– ブライ/ブール:5,500ヘクタール。このうち3,000ヘクタールが80%以上の被害
– メドック:1,200ヘクタール。このうち400ヘクタールが80%以上の被害
– アントル・ドゥ・メール(東部):400ヘクタール

 

7月は1945年以降で4番目に暑い月となった。それにもかかわらず、平年より25%増の降水量を記録した。
主に7月4日と15日に降雨があった。

 

7月15日の雨に加え、再び雹が降り、2,000ヘクタールのぶどう畑が影響を受けた。
– ランゴンおよびソーテルヌ地区:1,000ヘクタール
– メドック南部(ル・タイヤン=メドックからリュドン=メドックにかけて)およびコート・ド・ブール:1,000ヘクタール

 

時折小雨になるものの、なかなか降り止まない雨と、春の暖かな気温がウドンコ病にとって都合の良い環境となった。ウドンコ病は、かびによる病害で、収穫量に著しい影響を与えることがある。今年は特に猛威を振るい、様々な対策を講じたにもかかわらず、被害を受けなかった区画はほとんどなかった。

 

それでも7月中旬に入ると状況は一変した。盛夏の訪れとともに、日中は暑く、時には酷暑となり、夜間は涼しい気候となった。
収穫期直前までの数週間、暑さと涼しさが交互に訪れたことで成熟が促進され、ぶどう畑の健全性が増した。
8月は理想的な環境で、気温は平年を上回り(+2°C)、日照時間も平年+25%となり、雨もほとんど降らなかった(平年の56mmに対し19mm)。
9月も引き続き気温が高く、雨も記録的に少なかった(平年の84mmに対し3mm)ため、ぶどうが最適に成熟した。

 

その結果、ぶどうの健康状態は極めて良好で、予定よりも数日早く、安心して収穫に取りかかることができた。
クレマンロゼ用ぶどうの収穫は8月20日頃に開始された。
辛口白ワイン用ぶどうの収穫は8月24日頃に開始され、まず最適な成熟度のソーヴィニヨン・グリが収穫された。その後ソーヴィニヨン・ブランやセミヨンへの収穫へと移り、9月22日まで行われた。

 

最初のテイスティングでは、甘さと酸味のバランスの良さや素晴らしい新鮮さから、芳醇なアロマを感じられる。

 

涼しい夜のおかげでアントシアニンと香りの形成を促進させ、そして日中の高温は成熟を促進し、ぶどうのベジタル香を減らすのに役立った

 

赤ワインは、9月17日より最も早熟なメルロ品種の収穫が始まった。9月20~22日頃には更に広い地域で収穫が始まった。カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンは9月下旬から10月10日頃にかけて収穫された。最初の醸造桶では、深い色合いのワインが見られた。これまでのところ、抽出した果醪からは熟した濃厚な果実味と凝縮されたタンニンを感じられる。
甘口白ワイン用ぶどうについても、セミヨンとミュスカデルの収穫が10月初旬の週から始まった。

 

今年の非常に複雑な状況にもかかわらず、現在のところ2018年ヴィンテージは非常に良い特徴を示してる。

 

bordeaux_vintage_03

 

ボルドーワイン委員会日本公式サイト、Twitter、Facebookページ、Instagramでは、ボルドー現地からの情報やレシピを更新しています。是非ご覧ください!