お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ボルドーのモダンアート~造り手たちの芸術への理解と情熱

ボルドーのモダンアート~造り手たちの芸術への理解と情熱

ワインは味覚の総合芸術…なんて呼ばれますが、ワインを愛する人の中には、芸術を愛する人もとても多いですよね。
愛好家だけではなく、作り手の中にも芸術をこよなく愛する人が多いのがボルドーなんです。

 

ボルドーワインのエチケットに見るモダンアート
最近の注目は、モダンアートとのコラボレーション。ボルドーとモダンアートと言えば、まず名前が挙がるのがシャトームートン・ロートシルト。1945年から、毎年異なるアーティストがラベルをデザインしていることで有名ですよね。

 

でも、モダンアートに情熱を注ぐシャトーは、ムートンだけではありません!!

 

そして香水の瓶に似たボトルで有名なシャトー・ド・グラヴァも特筆すべき。
この美しいカラフのような形状が生産者たちの哲学を表現している、まさに芸術品と言えるでしょう。

 

また、芸術家ナヌー・エルマンの絵画をそのままラベルしたクロ・マノーのエチケットもとても印象的。
 

bma_bottle_Img01

シャトー公式WEBサイトから抜粋

 

そしてバリュー・ボルドーにも何度か選出されているユニ・メドック・グラン・ダールのエチケットもよく店頭で見かけたりすると思います。
 

bma_bottle_Img02

シャトー公式WEBサイトから抜粋

 
オーナーの芸術に対する想いが伝わってきますよね。

 
 
 

シャトー、酒庫にみるボルドーの芸術

Chateau d’Arsac シャトー ダルザック
 
bma_chateaud’arsac_Img01

シャトー公式WEBサイトから抜粋

 

なんといっても圧巻なのが、シャトーに隣接する「彫刻の庭」。当主のフィリップ・ラウーは、1992年から有名なモダンアーティストの作品を毎年購入し続けていて、30点にも及ぶ個性的なコレクションが、庭やブドウ畑のあちこちに点在しているのです。
まさに自然と人、古典とモダンが融合した不思議な空間。必見です〜!

 
 
 

これがシャンブル・ドット?!
巨大なワインの熟成樽がお部屋に!
そしてサン・テミリオンには、巨大なワインの熟成樽を改造したシャンブル・ドット(B&Bのような民宿)があります。
その名も「Coup 2 Foudre」=「Coup de Foudre=一目惚れ」を文字った、遊び心のある宿泊施設になっています。シャワーの蛇口をひねるとワインが?!なんてことはありませんが、より楽しい滞在にしてくれそうですよね。
 

bma_coup2foudre2_Img01

シャトー公式WEBサイトから抜粋

 

ワインもジャケ買い?!
バリュー・ボルドーの100本もチェック!

バリュー・ボルドー2017 に選ばれた100本の中でもエチケットが素敵なものも多くあるんですよ。
例えば:
ブラックのエティケットの中に緻密に計算されたタンニンと樽とミントとフルーツの香りのバランスが絶妙なVB no.64 BERRY BROs. & RUDD GOOD ORDINARY CLARET
 

wine_064


ベリーズ・グッド・オーディナリー・クラレット/
BERRY BROs. & RUDD GOOD ORDINARY CLARET

香りの面でも味わいの面でも、フルーツ、樽、メンソール、これら3つがバランスよく構成されていて見事。甘いだけではなく、ミントで特徴付けしつつ樽の香りを心地よく溶け込ませるなど、正統派ボルドーを目指した造りがなされている印象。タンニンは緻密。
 
 
 
 
 

ブルーベリー、カシスの香りが表現されていて、ちょっと手書きフォントがオシャレなVB no. 70 CHÂTEAU LES TOURS DE PEYRAT
 

wine_070


シャトー レ・トゥール・ド・ペイラー/
CHÂTEAU LES TOURS DE PEYRAT

ブルーベリー、カシスといった果実と樽の香りが強い。ミントの香りはほんのり。味わいも、果実のテイストにスモーキーな樽フレーバーが広がり、ややざらつくタンニンは後半に。料理が欲しくなるワインなので、ボリュームあるTボーンステーキなどと一緒に。
 
 
 

などなど。

 

芸術と共に進化し続けるボルドーワイン。
モダンアートを楽しむように、自分の感性で自由に楽しみましょう♪