お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ボルドーワイン委員会 新会長にベルナール・ファルジュが就任

ボルドーワイン委員会 新会長にベルナール・ファルジュが就任

フランスの主要ワイン同業者団体である、ボルドーワイン委員会は、2019年7月15日(月)(現地時間)、総会を開き、25名のワイン生産者(ボルドー・グラン・ヴァン連盟によって指定)および25名のネゴシアン(ボルドー・アンド・リブルンヌによって指定)を含むメンバーが、ベルナール・ファルジュを(Bernard Farge)会長に選出しました。

ボルドーワイン委員会の規定に従い、ワイン生産者であるベルナール・ファルジュは3年の任期の間、委員会を率います。前任のネゴシアンであるアラン・シシェル (Allan Sichel)より会長職を引き継ぐ形となります。

1965年生まれのベルナール・ファルジュは、ジロンド県アントル・ドゥー・メール (Entre-deux-Mers) のモーリアック (Mauriac)で、兄と甥と共同でワインを造っている生産者です。

2013年から2016年にかけてボルドーワイン委員会会長を務め、さらにAOCボルドーとAOCボルドー・シュペリュールの生産者団体の会長も務めました。

AOCワインの熱心な提案者として、同氏は、現在原産地名称ワイン・スピリッツ生産者連盟(CNAOC-National Confederation of producers of Appellations of Controlled Origin wine and spirits)および欧州原産地名称ワイン連盟(EFOW- European Federation of Origin Wines)の会長を務めています。

会長選出にあたり、ベルナール・ファルジュは

「私の任期中の優先事項はBordeaux Ambition 2025において、トレードの戦略的計画を実行すること、組織的なCSR活動のアプローチ、トレードを経済的に導くこと、また、遠くであろうが近くであろうが、全世界の市場に対し、ボルドーワイン自体の多様性のごとく、ボルドーを形作る男性や女性というダイバーシティーを示すことで、ボルドーブランドを強化することです。人材こそ私たちの活動の中心であるべきなのです。」

と述べています。

ボルドーワイントレード 基本情報

ボルドーワイントレード 基本情報

■5,800のAOCワイン生産者
■29 のワイン協同組合、3つ の共同組合
■300 のネゴシアン
■72 のクルティエ
■111,400ヘクタールに65のアペラシオン
■AOCでの2018年収穫:499万ヘクトリットル
■ぶどう畑の60%が環境認証を受けている

 

ボルドーワイン委員会日本公式サイト、Twitter、Facebookページ、Instagramでは、ボルドー現地からの情報やレシピを更新しています。是非ご覧ください!