お酒に関する情報が含まれるため、
このサイトは20歳以上の方を対象としています。
あなたは20歳以上ですか?

はい

いいえ

恐れ入りますが、
法定飲酒年齢に達していませんので、
このサイトを閲覧することが出来ません。

Back

ボトルの扱い方

保管する為のガイドラインや、サーブするときの温度などを詳しく解説します。

その1サーブする

ボトルを開けるのは簡単ですが、コルクを抜いたときにはいろいろなことが起こります。ワインのブーケ(香り)は、サーブするときの温度しだいで、その現われ方が異なります

サーブ時の温度に注意!

ワインの温度が、低すぎると、ブーケはごく僅かしか立ち昇りません
高すぎると、ワインが酸化したり、アロマを損ねる危険性があります
急激な温度変化によるショックを避けるため、ゆっくりとサーブする温度に近づけることが大切です

温度の目安

7~11℃
若い辛口白、スパークリング、クレレ
9~12℃
より骨格がしっかりとして腰があり、ボリューム感が豊かな辛口白や甘口白
13~15℃
若い赤ワイン
15~17℃
熟成したボルドーの赤ワインが、気品に満ちた香りと味わいを最大限に発揮する温度
ボトルの開け方
  1. STEP:01

    ボトルの口の凸部のすぐ下のキャップシールに切れ目を入れ、除去します。ワインを注ぐときにこの金属製のシールがワインに触れないようにしましょう

  2. STEP:02

    どんなオープナーでもかまいませんが、ソムリエナイフが機能的です

  3. STEP:03

    コルクの中心にスクリューをまっすぐに差し込みます。スクリューがコルクを突き抜けないように注意してください

  4. STEP:04

    ワインに触れていたコルクの香りを嗅ぎ、不快な臭いがないかを確認します

moreclose

その2ワインを保管する

自分のワインコレクションを保管するときでも、パーティにワインを持っていくときでも、これからご紹介するガイドラインに沿えば、安心です

ワインセラーで保管する方法

  • 温度

    年間を通して12~14℃で一定に保つのが理想的です。温度が高すぎると、ワインの熟成が早く進んでしまいます

  • 湿度

    年間を通して湿度70~80%に安定していること。湿度が低いとコルク栓が乾燥してしまい、湿度が高いとラベルやコルク栓を損ねる危険があります

  • できるだけ光を和らげて通し、
    蛍光灯は避けます

ボトルの搬送:3つのルール
  1. ルールその1

    中身の漏れを防ぐため、ボトルは必ず立てて運びます

  2. ルールその2

    極度に暑いときや寒いときは、ワインの搬送を避けましょう

  3. ルールその3

    ワインは非常に振動に弱いので、搬送後は2~3週間休ませてから味わいましょう

moreclose